空き家整理のよくあるご質問

MENU

フリーダイヤル

クイック見積もり

空き家整理に関するよくあるご質問

Q 中古住宅の場合、リフォーム費用は売主・買主どちらの負担でしょうか?
中古住宅の売買は現状引き渡しのケースがほとんどです。つまりリフォームは買主様のご負担となるケースが多いです。
Q 空き家管理は具体的にどのような事をしてくれるのでしょうか?
一般的には月に1回現場に訪問し、換気(窓・扉・襖など)、通水(台所・浴室・お手洗いなど)郵便ポストの整理、外周の清掃、室内の簡易清掃。屋根・外壁の損傷、境界塀など目視可能範囲内の目視点検を行い、報告書を提出します。
Q そもそも空き家管理は何のために行うのですか?
空き家は放っておくと老朽化が著しく進み、湿気からカビが発生し、悪臭などを放ちます。リフォーム・リノベーションを将来的に行う場合にも、老朽化の進行度に比例して高額になります。それを最小限の抑えられるというメリットがあります。また隣家に対しての迷惑軽減、地域貢献の面も考えられます。
Q 災害時には対応していただけるのでしょうか?
対応可能です。建物や状況に応じて個別対応になりますので、ご連絡ください。特に水害は早期対応が必要です。床上、床下浸水でも清掃まで行い、オゾンショックトリートメント法による消臭除菌まで行いますのでご安心ください。
Q 貴重品や高価なものがあるかもしれないのですが…
メモリーズは作業中に発見した貴重品や買取可能な品々については「お客様ボックス」で現場リーダーが管理します。骨董など知識が必要な場合でも弊社独自のネットワークで高値買取が可能です。
Q 空き家のまま放置する場合、電気・ガス・水道の契約を継続しておく必要はありますか?
長期不在にする場合、(ガス漏れなど安全上の問題から)ガスは閉栓の手続きを行ってください。水道は通水、電気は室内等の確認の際必要となりますので、基本的には契約の継続をお願いしている場合が多いです。
Q 庭木が伸びてしまい、隣家からクレームがきて困っています
空き家巡回サービスでは庭木の現状報告はしますが、剪定等の手配は別途費用が掛かる可能性があります。業者に依頼する前にご連絡ください。
Q 火災保険・家財保険は継続加入した方が良いですか?
空き家であっても、近隣火災、放火、漏電などにより不測の事態の恐れがあるため、火災保険、家財保険の継続加入をお勧め致します。
Q 空き家の整理(家財道具の処分)はなぜ必要なのですか?
空き家の状態を放置しておくと、火災を含む防災上問題が発生します。また、衛生上の問題もあります。また空き家整理は遺品整理でもある場合が多く、整理を行うことで気持ちも前向きになり、スムーズに事が進みます。荷物の整理は空き家を活用するにあたって、売る、貸す、解体をするなど何をするにしても第一歩の作業になります。メモリーズはご家族の方と一緒に仕分けながらお手伝いもしますのでいつでもお問い合わせください。
Q 将来的には居住する予定があるのですが、それまでの間活用することはできますか?
定期借家期限を設定する方法があります。賃貸契約期間を限定することで居住しない期間だけ賃貸として運用することが可能です。


※記載以外のご質問がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 


PAGE TOP

お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社


【大阪本社】大阪府堺市堺区緑町2-121-2 
【名古屋営業所】名古屋市西区天塚町4-63 
【神戸営業所】神戸市中央区二宮町2-12-4 
【奈良営業所】奈良県吉野郡吉野町菜摘152-2