空家整理業務の人材育成とは

MENU

フリーダイヤル

クイック見積もり

空き家の課題解決に向けた人材育成について

この度メモリーズ株式会社は、株式会社LIFULL、株式会社L&F(空き家の巡回管理サポート会社)、特定非営利活動法人・空き家コンシェルジュ(空き家総合相談窓口事業)の3社と連携し、空き家の課題解決に向けた新たな人材育成講座を開講することになりました。また、今後は4社で協力して、地域の空き家の課題解決の仕組み化を推進していきます。


本連携の背景について

統計の図表 人口減少やライフスタイルの変化により、日本国内の空き家は増え続けており、最新の統計によると、空き家の数は846万戸、空き家率13.6%と、戸数、割合とも過去最高を更新しました(※1)。この傾向は今後さらに加速し、2033年には空き家率が30%を越えるとの予測もあります(※2)。

また、2015年に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」により、全国の市区町村で空き家対策が進められていますが、総務省の調査によると多くの自治体で空き家対策を行う人材不足が課題として挙げられています(※3)。

その中で、2019年5月から、LIFULLと空き家コンシェルジュが連携し、「空き家相談の担い手育成講座」を開講し、空き家所有者の相談から空き家の利活用希望者とのマッチングまでを一元化して担うことができる空き家相談のスペシャリストを育成してまいりました。

一方、空き家の課題解決をさらに進めるためには、所有者・関係者からの相談の受付・利用者のマッチングの支援に加えて、空き家そのものの管理見守り、利用するための空き家の家財整理等のニーズが高まってきています。

※1 平成30年住宅・土地統計調査/総務省
※2 野村総合研究所予測(2017年6月20日)
※3 空き家対策に関する実態調査/総務省(平成31年1月22日)

提携の狙いと展開について

今回、「空き家相談の担い手」改め「空き家の相談員」(※4)が取り扱う空き家にまつわる課題の解決方法の幅を広げるため、空き家の「適正管理」「家財整理」「サブリース」を行う3社と連携し、相談員向けに新たな相談対応知識とプロセスの習得を目的に、以下を学ぶ新講座を開講いたします。

 

開講の案内画像○新講座名「空き家の課題解決応用講座」

○講座内容(部分)

・専門業者の空き家解決方法と事例
・専門業者のビジネスモデル
・空き家の課題解決をする上で専門業者連携におけるリスクマネジメント

 

 

統計の図表また、LIFULL HOME’S空き家バンクの運営を通じ、全国約600弱の自治体の抱える課題についても、各社の専門分野の強みを生かし、空き家問題の解決に向け、今後連携したサービスの構築に取り組んでまいります。

 

※4 これまでLIFULLが開講してきた「空き家相談の担い手育成講座」を12月から名称変更し、「空き家の相談員育成講座」として開講します。


「空き家の課題解決応用講座」第1回開催概要

● 初回日時:2020年2月19日(水)13:00~17:00、2月20日(木) 9:00~17:00(全2日間)
● 会場:東京都千代田区麹町1-4-4(LIFULL本社)
● 内容:①空き家の適正管理 ②空き家の家財・遺品整理 ③空き家のサブリース
● 講師:株式会社L&F、メモリーズ株式会社、特定非営利活動法人空き家コンシェルジュ
● 募集人数:30名
● 受講費用:75.000円/人(税抜)
● 申込締切:2019年2月12日(水)
● URL:http://local.lifull.jp/ikusei/madoguchi/

※次回以降の予定については上記URLにて公開

空き家整理の対応エリアと営業所のご案内

メモリーズでは西日本を中心とした東海、北陸、関西、中国、四国、九州地域を対応エリアとしており、部屋数の多い戸建住宅や大規模な空き家整理の場合でも、ご依頼内容に応じてお近くの営業所が迅速に対応させて頂きますのでご安心ください。

全国の営業所案内
大阪  神戸  京都  和歌山 
奈良  名古屋  広島  山口  岡山

※クリックできない営業所は、現在ページを作成中です。しばらくお待ちください。



お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社