官民一体の空き家DIYイベント


空き家を所有している人は、その家に誰も住まないことが確定しているので売却を希望されている方がほとんどです。しかし古い建物の維持費、利便性という壁が大きくて売買の成立が難しいのが現状です。

とはいえ田舎暮らしを夢見ている方が多いのも事実で、その需要に対して入居を促進できる契約形態が望まれています。空き家の有効利用において一番のネックになるのがリフォームの費用負担です。もともと田舎の土地代は高い方ではないのですが、手を加えないで入居できる家はほとんどないぐらい老朽化が進んでします。

もともと所有者は入居できる状態にするというのが通例ですが、空き家を売ってもリフォーム代の方が上回ってしまうという結果になるのです。 となるとすぐ売れるかどうかもわからない家に大きな負担をしたところ売れなかったら何のためにリフォームしたのかという結果になりますし、負担額を回収できるかという懸念が残ります。

入居希望者からすると家自体は都会に比べると安いのですが、自分でリフォームをするとなると思っていた以上にお金がかかることになり、それだけの費用負担をするのであれば利便性を考えて田舎暮らしを断念するということになります。 この状態を打破すべく国土交通省が進める契約形態があります。その名も「借主負担DIY型」と言う賃貸契約です。

家賃を相場よりグッと安くして、その差額で借主がリフォームやDIYによる改装をできるようにし、改装した部分に関しては原状回復しなくていいというもので、手を加えたところはそのままでいいのです。 賃貸契約で自分の好みに家を改装できるって理想ですね。 また貸主は費用負担せず、現状のまま賃貸に出せるというメリットがあります。

前置きが長くなりましたが、先日この空き家DIYイベントで荷物の整理のノウハウを指導してまいりました。その後大工さんによるDIY講習もあり、田舎暮らしを夢見る方多数来られていました。 家は講習するには完璧と思える老朽化した田舎の家で、行政の方、空き家を管理するNPO法人の方、メモリーズ、大工さんでDIYを進めていきます。

積み込むトラックまであぜ道を80mぐらい歩くという悪条件でしたが、みなさん笑顔で楽しんで運んでおられました。 家財の整理に関しても、本当に処分しないといけないものは意外と少なく、資源などに再利用できるものが多いんだと驚いておられました。当然みなさんが知りたがっている安くする方法などもばっちり勉強して頂きました。

参加者になぜ田舎暮らしをしたいのか聞いてみると「田舎でゆっくり暮らしたい」「野菜をいっぱい作りたい」「釣りやバーベキューで友達を呼びたい」など目をキラキラして話しておられました。 そういった夢を見ている人のために、メモリーズの空き家整理においてどのようなサービス向上ができるのかヒントを得た気がしました。 最後は皆さんに拍手で感謝されて、有意義な一日を過ごせました。

前のページに戻る空き家整理トップ最新記事へ|1


CORRESPONDENCE AREA

メモリーズの対応地域は、関西エリア:大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、南関東エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、中部エリア:愛知県、山梨県、静岡県、長野県、岐阜県、三重県、中国四国エリア:広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、以上の25都府県(北部、山間部、離島など一部地域を除く)で、24時間・年中無休で対応させて頂いております。

≫ 対応地域一覧はこちら

遺品整理の即日対応地域

大阪

OSAKA

神戸

KOBE

京都

KYOTO

広島

HIROSHIMA

東京

TOKYO

横浜

YOKOHAMA

24時間 年中無休 お気軽にご相談下さい。

0120-232-580

PAGE TOP

お問い合わせフォームの案内
クイック見積の案内
LINEの案内
サイトで掲載されている画像・文章・デザイン等、及び商標は著作権法により無断使用を固くお断りします。
Copyright © All Rights Reserved. memories.Co., Ltd.