部屋を汚したまま入院され・・



大阪郊外で福祉整理を行いました。古い戸建の3Kに住んでいるおじいちゃんが入院されました。おじいちゃんは体が弱ってしまい、家の片付けや、ゴミ出しができず家の中にゴミを溜め込んでいます。大家さんが見るに見かねて行政に連絡し、整理をすることになりました。

入院された時に「精神上の障害により判断能力を欠く」として、後見人を付ける事になり、財産を管理する運びになりました。しかし家の中は生ゴミで汚れていて、ポータブルトイレが奥に3つもあったのですがすべてうんちがパンパンに入っていて固まっている状態・・。大家さんとしてはほっておくにはいきません。近所からクレームも出ています。

後見人が付くのが春になるとの事でそれまで放置すると、えらい事になってしまいます。行政と大家さんの話し合いで、とりあえず大家さんが仮払いで福祉整理をすることになりました。大家さんが言います。「これから高齢者の方が住みたい!と言ってもリスクがあるので断るケースが増えるだろう。」 このように家が糞尿で汚されたり、孤独死に遭われるなど大家さんは色んなリスクを背負ってしまいます。

今回は汚れていた一部分の撤去でしたが、大家さんに納得して頂くまで頑張りました。

前のページに戻るホームへ 最新記事へ|3


24時間 年中無休 お気軽にご相談下さい。

フリーダイヤル0120-232-580

PAGE TOP

お問い合わせフォームの案内
クイック見積の案内
LINEの案内
サイトで掲載されている画像・文章・デザイン等、及び商標は著作権法により無断使用を固くお断りします。
Copyright © All Rights Reserved. memories.Co., Ltd.