高齢者に喜ばれる福祉整理

MENU

フリーダイヤル

現代社会に必要な福祉整理とは

一言でいうと、亡くなった方のお部屋や遺品を整理する「遺品整理」とは異なり、ご依頼者、又は作業対象のお部屋にお住まいの方が『ご存命』でありながら、高齢やご病気などの理由により、居室の片付けができなくなりゴミが溜まり、場合によっては害虫や臭いなどにより悪化してしまった住環境を改善し、健全な生活を取り戻すためのお手伝いとして、整理清掃などをさせて頂くことを福祉整理と言います。

生活環境を福祉整理で改善

高齢化社会において、高齢者のみで暮らす世帯は非常に多く、老いによって思うように体が動かなくなってしまい、 ゴミや不用品を搬出できなくなってしまう方もおられ、社会問題となっています。

中にはごみや不用品が部屋を埋め尽くしてしまい、お風呂に入れない、トイレにも行けない…その結果、部屋のいたるところで糞尿ということも珍しくありません。メモリーズはこのような高齢者の方の片付けなどを高サービスを維持しつつ、通常よりも低価格にて お手伝いすることを福祉整理と呼び、この事業を行っております。

高齢者の方を思う気持ちがなくてはできません

以前に福祉整理の作業をさせて頂いた時「前も業者に80万円で頼んだんだけど…」という方がおられました。しかし、何に80万円もかかったのか…劣悪な環境は全く改善されていませんでした。

片付けを求める人が多くなる一方で、片付けてくれる業者がいない、どこに頼めばよいのかわからないという問題があります。

しかし、作業を引き受けてくれるからと言って、よく解らずに高額なお金を払ってしまってはいけません。残念なことに、追加請求などで料金トラブルが多発しています。正直、ゴミ屋敷や糞尿まみれの部屋の片付けは考えられない汚さや異臭を突き付けられ、現実から目を背けたくなるような時もあります。

そんな時、高齢者の方のことを思うと、何としても自分がやらなければいけないという使命感にかられます。

逆に言えば、高齢者を思う気持ちなしには到底できません。

私たちは高齢者の方の暮らしを真剣に考え、ゴミや不用品を処分するだけでなく、清掃もいたします。また、住環境コーディネーターの資格も取得し、より快適な暮らしのご提案ができるよう努めております。


メモリーズが始めた “福祉整理” の意味と意義

近年、メモリーズに依頼される仕事内容も福祉整理の割合が著しく増加しています。その背景には、行政や地域による高齢者の見守りの効果が大きいと言えるでしょう。

生前に発見し保護したり、福祉に繋ぎ介護サービスを受けたりと、放置していると孤独死になる人達を、確実に救っている事例が増えています。

また、福祉整理の作業内容が劣悪な環境の整理現場で、放置しておくと孤独死の危険性が高いと思われる現場が大変多く、「孤独死の8割はセルフネグレクト」という調査(ニッセイ基礎研究所調査)も納得せざるを得ません。

そういう現場に足を運ぶたび、高齢者の方の一人暮らしがどれほど肉体的、精神的、経済的な「不安」と戦っているか思い知らされます。

また認知症患者数がここ数年で倍増し、65歳以上の10人に1人が患っていると見られ、今後も増加していくことは疑いようがありません。

このような社会背景の中、さらに今後も居室を片付けられず劣悪な住環境の中で苦しむ高齢者が確実に増えることは容易に予想ができます。

メモリーズはただ単に部屋を片付けるだけではなく、より良い住環境のご提案をすべく、模様替え、消臭、害虫駆除、そして必要に応じて布団や電化製品、トイレットペーパーに至る必需品など生活用品を寄付させて頂いております。

安心して健全な生活を取り戻していただけるよう、高齢者の方に特化した福祉整理という業務を手がけています。


PAGE TOP

お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社


【大阪本社】大阪府堺市堺区緑町2-121-2 
【名古屋営業所】名古屋市西区天塚町4-63 
【神戸営業所】神戸市中央区二宮町2-12-4 
【奈良営業所】奈良県吉野郡吉野町菜摘152-2