遺品整理

知っているようで知らなかった⁈
遺品整理を徹底解説。


遺品整理とは、具体的にどのような作業をするのか? また、プロの業者ではない一般の方でも出来る効率の良い遺品整理術とは?
15.000案件を超える遺品整理の現場に携わってきた遺品整理人の第一人者、メモリーズ代表の横尾将臣が遺品整理のコツやアドバイスを解りやすくお教えいたします。

遺品整理とは

そもそも遺品整理とは、
ご遺族の方の『心の整理』です。

一般的には、亡くなられた方の残された遺品を整理し、部屋を綺麗に清掃して原状復帰することを遺品整理と言います。ただし、単に残されたものをすべてゴミとして廃棄し綺麗に片付けることを「遺品整理」とは言いません。
仏壇や、写真、手紙、人形など故人の想い入れの強い品などは、ご供養してから処分したり、遺品一つ一つを粗末に扱わず、故人を想い、偲び、適正に処置するものです。メモリーズが考える遺品整理とは、ご遺族の方が故人との『精神的なお別れ』をし、心の整理をすることだと思います。ご自身でする場合も、遺品整理業者に依頼する場合でも、正しい知識を持つことが大切です。

遺品整理業者に依頼をする場合

遺品整理業者に依頼するメリットとデメリット

遺品整理業者に頼む
メリットとデメリット。

遺品整理業者に依頼する一番のメリットは、なんといっても「時間」と「体力」です。一般の方が遺品を片付けるのは、本当に大変な作業です。ましてや女性や高齢者の方では、重い荷物を運ぶことは難しいでしょう。
プロの遺品整理業者であれば、大きな家具の処分や煩わしいリサイクル分別、換金作業などもすべて任せられるので時間を節約でき、体力を使うこともありません。労力や時間の都合がつかないという方は、遺品整理業者に依頼することを考えてみるのも良いでしょう。デメリットはもちろん「費用」です。

良い遺品整理業者の選び方

良い遺品整理業者の選び方。

実際に業者に依頼するとお決めになったとして、ほとんどのご依頼者の方が、遺品の片付けを業者に依頼するということが初めてだと思います。どういう人が遺品整理をしてくれるのか、料金の相場や適正な価格はいくらぐらいなのかなど、不安も多いと思います。
見積りは何社ぐらいに依頼すればよいのか?ポータルサイトの利用は本当にお得なのか?ランキングサイトの信憑性は?遺品がその後どうなるのかなど、遺品整理を依頼する前に知っておいてほしい、失敗しないための業者選びのポイントをお伝えしておりますので、遺品整理業者をお探しになる時は「良い業者の選び方」を是非ご参考にして下さい。

遺品整理をご自身でする場合

自分で出来る、効率の良い遺品整理術とは。

ここからは、プロの遺品整理業者ではない一般の方でも出来る「自分で行う遺品整理」について、効率の良い手順と方法などを解説します。
短い時間で手際良く遺品整理を行えるテクニックやポイント、注意点など、是非ご参考にして下さい。

用意するもの : 段ボール箱、ガムテープ、マジック、メモ用紙、カッター、軍手、マスク

仕分け作業の手順 : 衣類・食器類・電化製品・家具などの家財道具に、貼紙やテープで次のような『番号』を付けて仕分けていきます。
①貴重品、②リサイクル買取、③寄付、④確認、⑤処分

それでは、遺品整理を始めましょう!先ずは預金通帳や印鑑、現金、貴金属、重要と思われる契約書などの書類関係はすべてを、①の『貴重品』用に用意した段ボール箱やプラスティックの衣装ケースなどに収納していきます。あとは順に仕分けていきましょう。また、残すか処分するかを迷った時は、作業の手を止めずに、一旦『確認』に入れておいて、最後にまとめて判断するようにしましょう。

次に『処分』に分類した中から、処分代金が掛かる家具や電化製品などを、出来るだけ『リサイクル買取』、『寄付』に移し、ネットオークションを活用したり、親族や近隣の方に形見分けをするなどして、いかに処分コストを少なくするかが重要です。また、ゴミの分別は厳格化されていて、ルールに沿った分別をしないと回収拒否される場合がありますので注意しましょう。

自分で遺品整理を行う時の注意点

自分で遺品整理を行う時の
注意点とは?

賃貸物件などの退去に伴う遺品整理の場合、ただ家の中の物すべてを不要な物として撤去してしまっては、後々トラブルになってしまいます。 もともと設備として設置されている照明器具やエアコンなどを誤って処分してしまうと後々弁償する必要がでてきます。 それから、故人が契約されているインターネットなどの通信設備やライフラインの解約手続などは、事前に契約会社や管理会社に確認が必要です。 また、遺品とは亡くなられた方が所有していた動産物全般を指しますので、自動車やバイク、自転車などを所有していた場合は、ディーラーへ下取り(買取)、又は価値がない場合は廃車手続きをしなければいけません。 さらに、最近ではパソコンなどのデジタル機器内にも「遺品」が残されていますので、処分する前に中身を確認する『デジタル遺品整理』も重要です。

遺品整理の最適な時期とは?

遺品整理の最適な時期とは?

一般的には、四十九日法要を終えてからと言われていますが、実は遺品整理に決まった「時期」はありません。 ご遺族の方が気持ちの整理をつけると決心された時にされるのが良いでしょう。但し、賃貸物件の場合は、家賃を支払わなくてはならず、公営住宅の場合は、亡くなってから49日後までに部屋を明け渡す契約になっており、できるだけ早い時期に遺品整理をする必要があります。
持ち家(自己所有物件)で時間に余裕があり、個人で遺品整理をする場合は、一般の方が断捨離や大掃除などをする年末時期や、引っ越しシーズン(3~4月頃)は、ゴミ収集の予約が取り難いので避けた方が良いでしょう。また、土曜、日曜、祝日も公共のゴミステーションがお休みなので、注意しましょう。それから、換気をしながらの作業になるので、真夏や真冬は避けた方が良いでしょう。

遺品整理業者の上手な使い方とは?

遺品整理業者の
上手な使い方とは?

遺品整理の作業をご自身で行い、運び出しが大変な大型の家財道具などの処分だけを依頼するのも、費用を抑える方法の一つです。 部分撤去や残置物の処分、仏壇仏具の処分、遺品の合同供養、デジタル遺品整理など、個人では難しい作業だけを業者に依頼しても、まともな業者であれば嫌がったりすることはございませんので、遺品整理業者を上手に使いましょう。

メモリーズにご依頼頂く場合

処分代を減らして、遺品整理費用を抑える工夫

処分代を減らして、
遺品整理費用を抑える工夫

私が小さい頃は、ゴミの処分はすべては無料でした。しかし環境問題が顕在化したことにより、リサイクル意識を高め資源循環型社会の構築を目的するようになり、近年では家庭ゴミも有料化が進んできております。実は、このゴミの処分費用こそが遺品整理の費用の中で最も大きな負担になっています。
メモリーズでは、遺品整理の際に出る不用品をしっかりと分別し、使えるものは必要な方に無料でお譲りしております。 さらに、海外へ輸出するなどし、できるだけ物資を廃棄せずに有効利用するネットワークを構築しているため、処分代を最大限減らすことで業界一低価格を実現しております。

どうすれば費用を抑えれる?

どうすれば費用を抑えれる?

メモリーズにお問い合わせ頂くご依頼主の方から「こちらである程度ゴミ袋にまとめておけば、安くなりますか?」と訊かれることがよくあります。 本来はプロの遺品整理人であるスタッフが時間を掛けて処分品を梱包するので、その作業をお客様がされることで、我々の手間が省けるはずだというご依頼主の方の期待を込めたご質問ですが「必ず安くなるとは限りません」とお答えします。
理由は色んな物が混ざったゴミ袋はゴミとしてしか処理ができませんが、私たちが分別すれば資源になるため処分費用が掛からずに済むからです。ご依頼主の方が時間と労力を費やしゴミ袋にまとめてスタッフの作業時間を短くしても、きっちり仕分けて資源にする方が格段に費用を抑えることが出来るのです。

遺品整理の実例紹介


実際にメモリーズで遺品整理をさせて頂いた実例をご紹介します。遺品を片付ける前の部屋の状態と比較して頂けるように、ビフォーアフターで画像を掲載しています。また、部屋の間取りに対して、作業に掛った人数、時間、料金、オプション作業なども掲載しておりますので、是非ご参考にして下さい。

#01 ワンルームの遺品整理

ワンルームの遺品整理

住所大阪市内

間取りワンルーム

作業時間2時間

作業人数3名

オプション作業代

作業総額(税込)57.200円

マンションワンルーム階段作業4階。 大きい家具などはなく、比較的片付いていましたが、量は軽トラック1.5台分ぐらいです。再利用できるものも多かったのですが、ベランダの鳩の糞の清掃、階段作業など考慮しての作業代で、他社の見積と比較して10,000円以上差をつけての受注となりました。お客様はご遺品を3か所に配送する希望もあり、梱包のお手伝いと、宅急便の手配などメモリーズで行い、大変喜んでいただきました。

#02 戸建て3DKの遺品整理

戸建て3DKの遺品整理

住所大阪府

間取り3DK

作業時間4時間

作業人数4名

オプション作業代

作業総額(税込)154.000円

大阪府下の戸建3DKの遺品整理を行いました。他社のお見積がすべて20万以上でしたが、大物家具が海外で再利用可能だったこと、処分品が管轄の一般廃棄物業者に来てもらったことにより処分代を大きく削減できたことが作業代に反映されたと思います。お掃除の仕上げにも大変満足していただきました。

#03 戸建3階建のの遺品整理

戸建3階建のの遺品整理

住所大阪府

間取り4LDK(屋根裏・屋上あり)

作業時間7時間

作業人数8名

オプション作業代

作業総額(税込)572.000円

戸建3階建の遺品整理。 4LDKですが敷地が広く、1部屋がすごく広い家でした。 ベランダには植木やプランターがたくさんあり、屋根裏にも物が結構ありました。 売却案件なのでしっかり養生し、搬出方法などお客様に確認してもらいながら説明しながら作業を行いました。一般廃棄物業者のパッカー車3台分の処分量があり、それを梱包、仕分けをしっかり行うため社員全員参加する現場でした。 1日で完了したことにお客様は感動し、「一部屋片付けるのに2か月かかったのに..」と喜んでくれました。

遺品整理のご利用の流れFlow

遺品整理と一言でいっても、具体的にどのような作業のことを指すのか、一般の方にも解りやすく遺品整理の作業内容と流れをご案内させて頂きます。

STEP.1

問合せ・見積り

問合せ・見積り

メール、または電話でお問合せを頂ければ、ご相談・お見積りに伺います。実際に作業を行う部屋を確認させて頂き、約30分程度で正確な見積金額を提示させて頂きます

STEP.2

打ち合せ・準備

打ち合せ・準備

プラン内容にご納得していただけましたら、作業日時・作業方法などを打ち合わせ致します。作業当日までに必要な遺品類・形見類を、お客様の方で選別して頂いても結構です。

STEP.3

作業開始・査定

作業開始・査定

ご遺族(ご依頼者)の方が不用と判断した遺品でも、価値のあるものはしっかりと評価・査定をし、買取れるものはすべて買取りいたしますのでご安心下さい。

STEP.4

分別梱包・搬出

分別梱包・搬出

徹底的に分別し、使えるものをリサイクル活用することで、処分するゴミの量を最小限に抑えます。もちろん、貴重品は貴重品BOXに入れて確実にお渡しいたします。

STEP.5

清掃・作業完了

清掃・作業完了

最後にお部屋の簡易清掃を行い、ご依頼主の方にお部屋の最終確認して頂き、確認後、料金を現金にて精算して頂きます。これですべての遺品整理作業が完了です。

最適な料金プランをご提案。

メモリーズでは見積金額が均一化するように電子見積システムを導入し、担当者による金額の差異がでないように工夫しており、買取品、リユース品を確認した上で合計金額をその場で提示致します。メモリーズは遺品の再利用活用を得意としているので、1件の平均再利用率が約15~20%前後の買取値引き実績があり、相見積の受注実績は業界トップクラスです。是非、お問い合わせ頂きメモリーズの「モノを活かす」整理の提案をお聞き頂ければと思います。

間取り料金(税込)
1R22.000円~
1DK55.000円~
2DK88.000円~
3DK143.000円~
サンプルメージ

お客様にお渡しするもの

遺品整理の作業中に発見した現金や貴金属類、貴重品はお客様に必ずお渡し致しております。 また、通帳や印鑑、権利書や契約書などの書類等もしっかりと仕分けし、重要書類は必ずお渡し致します。
多くの遺品整理を経験をしてまいりましたので、必要と思われるものは判別できるようになっておりますが、貴重品や捜し物がある場合には、ご遠慮なく事前にお申し付け下さい。
お客様が作業に立ち合えない場合も、メモリーズが責任をもって貴重品をお客様へお渡しいたします。 全て処分というご依頼であっても仕分けをしっかり行い、貴重品を発見した際には必ずお渡しいたしますのでご安心下さい。

よくあるご質問FAQ

大家に遺品整理業者を指定されましたが大丈夫でしょうか?
最近よく聞くお話ですが、遺品整理業者も様々で誠意を持ってやってくれるところばかりではありません。価格が相場よりすごく高いところや、処分だけをするところなど、ご自身の気持ちを汲み取ってくれない業者もたくさんおります。大家さんに話をすれば大抵業者を変えることはできますのでご遺族様が納得されたところに任せるべきだと思います。
見積の所要時間と金額提示はいつですか?
見積はお家の大きさなどに左右されますが、遺品整理で大体30分以内です。金額もその時に見積書の控えと一緒にお渡しします。 見積は無料なのでお気軽にお問い合わせ下さい。 また、メモリーズではクイック見積サービスを行っておりますので、こちらをご利用頂ければ60分以内にお電話にて見積金額をお伝えすることが出来ます。立会も不要で便利なサービスですので是非ご利用ください。
遺品整理に立ち会わないと駄目ですか?
いいえ、立ち会わなくても大丈夫です。 遺品の整理作業は部屋数や、荷物の量で変りますが、平均4~5時間かかります。 その間ほこりが舞っている部屋にいて頂くのは大変恐縮です。 但し、ご一緒に仕分けを希望する場合と、自ら立会いを希望される場合は、できる限り配慮しながら作業させて頂きますのでご安心下さい。
対応地域

全国に広がる対応地域

関西エリア:大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県
南関東エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県
中部エリア:愛知県、山梨県、静岡県、長野県、岐阜県、三重県
中国エリア:広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県
四国エリア:香川県、徳島県、愛媛県、高知県
以上の25都府県(北部、山間部、離島など一部地域を除く)で、24時間・年中無休で対応させて頂いております。

事業所のご案内

ページトップへ戻る