講演依頼の募集要項

MENU

フリーダイヤル

クイック見積もり


メモリーズでは、地域のセミナーや講演会を通じ、孤独死の現状を伝える活動を続けさせて頂いております。

遺品整理の講演依頼のご案内

孤独死の現状と、地域コミュニティの大切さを一緒に考えませんか

講演会の様子メモリーズでは、遺品整理という仕事に携わる者の使命として、国内外の寄付活動やボランティア活動など、様々な活動に積極的に取り組んでいます。

その一環として、地域の自治体などの要望に応じ、セミナーや講演会などにゲストパネラーとしてお招き頂き、孤独死の現状と、地域コミュニティの大切さを伝える活動をさせて頂いております。

“孤独死を減らす”小さな一歩として、私どもの思いを一生懸命伝えさせて頂きます。
演規模の大小に関わらず、ご興味のある方、講演依頼をご希望される方はお気軽にご用命下さい。

講演依頼に関する概要

講演者  株式会社メモリーズ 代表取締役 横尾将臣
対応地域  関西地方(他地域の場合は応相談)
時期  講演日の1カ月前までにお申し込みください。

※その他の詳細についてはお問い合わせください。


遺品整理を通じて見えてくる孤独死の問題点

高齢者の様子私は遺品整理を始めて9年目になります。その間、数々の整理現場を体験してきましたが、その中でも孤独死の多さには本当に驚きました。

そして一番驚くことは、ご遺族様のほとんどが「まさかうちの親が孤独死するとは..」と仰っている事です。 近年、孤独死のニュースがクローズアップされ、行政と地域が孤独死について対策を考えるようになり、地域の見守りがいかに大切か再認識されつつあります。

しかし一般の方々はまだまだ孤独死について、意識が低いように感じます。 核家族化が進み、通信のインフラが拡充し世界中の誰とでもコミュニケーションが取れ、便利な世の中になりつつあります。その影で一番近い距離にいる家族や地域とのコミュニケーションは取れていないのではないでしょうか?

家族の構成が変わり、社会の構造が変わった今、高齢者には住みにくい世の中になっていると思います。

高齢化社会が進んでいく今、私たちにできること


高齢者の住まいの様子現状のまま更なる高齢化社会を迎えると、今以上に地域で孤立する高齢者が増えるのは確実で、セルフネグレクト(自己放任)の方も増加すると思われます。

我々が思う以上に、高齢者の方は肉体的、経済的、そして大きな孤独と戦っていることを理解し、高齢者と共存していく地域コミュニティを構築することが急務だと考えます。

私は孤独死の現場に行くと、よくこう感じるのです。 「この人は生前に少し悩みを聞いてくれる人がいれば、亡くならなかった」と。 言いかえれば「亡くならなくてもいい人が亡くなっている」と思い胸が痛みます。

遺品を整理するからこそわかる事…それを孤立死防止のヒントと受け止め、皆様へお伝えする事がこの尊い仕事「遺品整理人」の使命と考えています。




 


PAGE TOP

お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社


【大阪本社】大阪府堺市堺区緑町2-121-2 
【名古屋営業所】名古屋市西区天塚町4-63 
【神戸営業所】神戸市中央区二宮町2-12-4 
【奈良営業所】奈良県吉野郡吉野町菜摘152-2