真夜中の特殊清掃作業


夜の7時頃連絡がありました。「大家さんに聞いて連絡しました。兄弟が孤独死したので掃除をお願いしたいのです。 近所からクレームが出ているので、すぐ作業して欲しい。」と切羽詰った声でした。

すぐにスタッフを呼んで、準備をして現場に向かいました。 現場開始は何と夜の10時半。 そしてご近所の方は寝る時間です。さすがに食器を梱包したり、ベランダで作業する時は 音を立てないように気をつけました。

死後10日ぐらい経っていたのでう○虫がかなりの数いました。 じゅうたんには人型の跡があり、その上をう○虫がうようよしていました。

これは何とかしないといけない・・・。 正義感に燃えて、作業に取り掛かりました。

何回かご近所の方とすれ違い、「迷惑かけますがよろしくお願いします。」と 挨拶したら、「こんな時間に大変ですが、お願いします。」と温かい声を掛けて頂きました。

1Kとはいえ、深夜に気を遣いながらの作業は3時間程かかり、 家についたのは夜中の3時を回っていました。

「3時間寝れるかな?」とスタッフと笑いながら話しました。 ですが、この様に急な出来事で困っている方を助けるために、 メモリーズはいつでもスタンバイしています。

前のページに戻る特殊清掃トップ最新記事へ|2


24時間 年中無休 お気軽にご相談下さい。

フリーダイヤル0120-232-580

PAGE TOP

お問い合わせフォームの案内
クイック見積の案内
LINEの案内
サイトで掲載されている画像・文章・デザイン等、及び商標は著作権法により無断使用を固くお断りします。
Copyright © All Rights Reserved. memories.Co., Ltd.