まさに特殊清掃…これが現実です


「特殊清掃お願いします。」1本の電話を頂きました。その時の情報はお風呂で孤独死があり、死後数日で発見、臭いも強烈とのこと。

現場に急行したスタッフ。 現地でスタッフが見たもの…それは… お風呂で亡くなり、死後数日経てば皮膚がめくれ、人肉がとれやすくなり、 警察の方が遺体を引き上げても、まだまだたくさん残っているのが現状です。

脱衣場には爪まできれいに残った皮膚が残っていました。 (これは警察の方持って行ってください…) 臭いは通常よりきついです。

集合住宅の場合、作業工程を間違えば近隣にすごい迷惑がかかります。 作業はいたってシンプルですが、リスクも大きいのです。

作業完了時、ご遺族様は「これでゆっくり遺品の整理ができる。」と喜んでくれました。

水を流すとき、ふろの栓のひもが切れていたそうです。 水底の栓をどうやって開けたのでしょうか.. 山下君、金島君、君たちは勇敢な戦士です!!

前のページに戻る特殊清掃トップ最新記事へ|70


24時間 年中無休 お気軽にご相談下さい。

フリーダイヤル0120-232-580

PAGE TOP

お問い合わせフォームの案内
クイック見積の案内
LINEの案内
サイトで掲載されている画像・文章・デザイン等、及び商標は著作権法により無断使用を固くお断りします。
Copyright © All Rights Reserved. memories.Co., Ltd.