具体的に遺品整理とは

MENU

フリーダイヤル

クイック見積もり


遺品整理の具体的な内容について

遺品整理とは、具体的にどのような作業をするのか? また、プロの業者ではない一般の素人の方でも出来る効率の良い遺品整理術とは? メモリーズ横尾将臣が、遺品整理に詳しくない方にも解りやすく、コツやアドバイスをお教えいたします。


実際に遺品を整理している作業風景一般的には、亡くなられた方の残された遺品を整理し、お部屋を綺麗に清掃をして原状復帰することを遺品整理と言います。ただし、単に残されたものをすべてゴミとして廃棄し綺麗に片付けることを「遺品整理」とは言いません。

例えば仏壇や、写真、手紙、人形など個人の想い入れの強い品などは、ご供養してから処分したり、ご遺族で形見分けをされたりし、遺品一つ一つを粗末に扱わず、適正に処置する必要があります。

私は日頃から『葬儀は肉体との別れ、遺品整理は精神との別れ』と、言い続けています。 つまり、遺品整理とは亡くなった方のためだけでなく、遺されたご遺族が気持ちを整理するためにも遺品整理はとても大切なことです。


最初に段ボール箱、ガムテープ、マジック、メモ用紙、カッター、軍手、マスクを準備します。次に衣類・食器類・電化製品・家具などの家財道具を、①貴重品、②リサイクル買取、③寄付、④確認、⑤処分、などに貼紙などの印をつけて仕分けていきます。

預金通帳や印鑑、現金、貴金属、重要と思われる契約書などの書類関係はすべてを、①の『貴重品』用に用意した段ボール箱やプラスティックの衣装ケースなどに収納しいきます。順に仕分けていくわけですが、⑤の『処分』の中で、処分代金が掛かる品(家具や電話製品など)を、なるべく②や③に移し、ネットオークションを活用したり、親族や近隣の方に形見分けなどをして、いかに処分代金を少なくするかがポイントになります。また、処分するか迷った場合は作業の手を止めずに、一旦④の『確認』に入れておいて、最後にまとめて判断するようにしましょう。


賃貸物件などの退去に伴う遺品整理の場合、ただ家の中の物すべてを不要な物として撤去してしまっては、後々トラブルになってしまいます。

もともと設備として設置されている照明器具やエアコンなどと、故人が契約されているインターネットなどの通信設備、エアコン撤去工事やライフラインの手続などは、事前に管理会社に確認が必要です。

また、遺品とは亡くなられた方が所有していた動産物全般を指します。 自動車やバイク、自転車などを所有していた場合は、ディーラーへ下取り(買取)、又は価値がない場合は廃車手続きをしなければいけません。

さらに、最近ではデジタル機器内(パソコンやスマートフォンなど)にも「遺品」が残されていますので、処分する前に中身を確認することも重要です。 また、ゴミの分別は厳格化されていますので、ルールに沿った分別をしないと回収拒否される場合がありますので、事前に調べるなど注意が必要です。


一般的には、四十九日法要を終えてからと言われていますが、実は遺品整理に決まった「時期」はありません。 ご遺族の方が気持ちの整理をつけると決心された時にされるのが良いでしょう。

但し、賃貸物件の場合は、家賃を支払わなくてはいけませんし、公営住宅の場合は、亡くなってから49日後までに部屋を明け渡す契約になっており、できるだけ早い時期に遺品整理をする必要があります。

では、持ち家(自己所有物件)で時間に余裕があり、個人で遺品整理をする場合、最適な時期とはいつなのか? おススメする「時期」は、一般の方が断捨離や大掃除などをする年末時期や、引っ越しシーズン(3~4月頃)は、ゴミ収集の予約が取り難いので避けた方が良いでしょう。また、土曜、日曜、祝日も公共のゴミステーションがお休みなので、注意しましょう。


遺品整理業者に依頼する一番のメリットは、なんといっても「時間」と「体力」です。一般の方が遺品を片付けるのは、本当に大変な作業ですし、ましてや女性や高齢者の方では、重い荷物を運ぶことは難しいでしょう。

プロの遺品整理業者であれば、大きな家具や不要品の処分はもちろん、煩わしいリサイクル分別や換金作業などをすべてお任せでき、数時間で整理されますので時間を節約でき、体力を使うこともありません。

労力や時間の都合がつかないという方は、遺品整理業者に依頼することを考えてみるのも良いでしょう。 デメリットはもちろん「費用」です。


遺品整理の原則は「部屋を原状復帰させる」ことです。亡くなられ方や亡くなられた場所、経過時間などにによっては体液や血液、害虫、汚物、異臭などの処置をする必要があります。このような場合は、特殊清掃(※詳しくは「特殊清掃について」をご参照ください)を用いて、原状復帰させる必要がありますので、一般の方では難しいでしょう。

そこで、遺品整理作業をご自身で行い、特殊清掃だけを専門業者に依頼することで費用を抑えることができます。 また、同様に運び出しが大変な大型の家財道具などの処分だけを依頼するのも、費用を抑える方法の一つです。 部分撤去や残置物の処分、仏壇仏具の処分、遺品の合同供養、特殊清掃などだけを依頼しても、まともな業者であれば嫌がったりはしませんので、遺品整理業者を上手に使いましょう。


遺品整理の対応エリアと営業所のご案内

メモリーズでは西日本を中心とした東海、北陸、関西、中国、四国、九州地域を対応エリアとしており、部屋数の多い戸建住宅やゴミ屋敷のような大規模な遺品整理の場合でも、ご依頼内容に応じてお近くの営業所が迅速に対応させて頂きますのでご安心ください。

全国の営業所案内
大阪  神戸  京都  和歌山 
奈良  名古屋  広島  山口  岡山

お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社