具体的に遺品整理とは

MENU

フリーダイヤル

クイック見積もり

具体的に遺品整理とはどういう内容なのか

一般的には、亡くなられた方の残された遺品を整理し、お部屋を綺麗に清掃をして原状復帰することを遺品整理と言います。ただし、単に残されたものをすべてゴミとして廃棄し綺麗に片付けることを「遺品整理」とは言いません。

そもそも遺品とは、亡くなられた方が所有していた動産物全般を指します。 自動車やバイク、自転車などを所有していた場合は、ディーラーへ下取り(買取)、又は価値がない場合は廃車手続きをしなければいけません。もちろん、メモリーズではすべての手続きの代行をさせて頂きます。

衣類・電化製品・家具などの家財道具は通常、買取・寄付・処分などに仕分けていきます。預金通帳や印鑑、現金、貴金属、重要と思われる契約書などの書類関係はすべて貴重品BOXに収納し、ご依頼主様に責任をもってお渡ししております。

また、遺品整理のご依頼の大半は、賃貸物件などの退去に伴う整理がほとんどですので、ただ家の中の物すべてを不要な物として撤去してしまっては、後々トラブルになってしまいます。

実際に遺品を整理している作業風景

もともと設備として設置されている照明器具やエアコンなどと、故人が契約されているインターネットなどの通信設備、エアコン撤去工事やライフラインの手続などは、事前に管理会社に確認が必要です。 このような事もメモリーズではすべて事前に確認してから作業に取り掛かっております。

本来身内の方が亡くなると、故人の遺品整理は家族が行うものでしたが、時間と労力が必要で、ゴミの分別の厳格化もあり、家族だけで行うのは精神的負担が大きいものです。

残されたご家族の思いを継承して行う遺品整理は、単なるゴミを運び出す不用品回収とは全く異なります。これらすべての遺品を綺麗に整理することを遺品整理と言います。


特殊清掃を必要とする遺品整理とは

作業前と作業後の比較画像

遺品整理と言っても様々で、先に述べた家電・家財道具など動産物だけが整理する対象とは限らない場合もございます。

それは不用品やゴミなどの廃棄物はもちろん、亡くなられ方や亡くなられた場所などにによっては体液や血液、それに伴い害虫が発生したりもします。

遺品整理の原理原則はあくまで「原状復帰」です。したがって体液、血液、害虫、汚物、異臭が残っていれば臭いに至るまで、残されたもののそのすべてが整理する対象となります。このような場合は、特殊清掃(※詳しくは「特殊清掃について」をご参照ください)を用いて、原状復帰させる必要があります。

私たちメモリーズは、あらゆる現場やどんな条件であっても、そのすべてを綺麗に、正しく清掃して原状復帰させることが遺品整理士の務めだと考えます。


遺品整理の対応エリアと営業所のご案内

メモリーズでは西日本を中心とした東海、北陸、関西、中国、四国、九州地域を対応エリアとしており、部屋数の多い戸建住宅やゴミ屋敷のような大規模な遺品整理の場合でも、ご依頼内容に応じてお近くの営業所が迅速に対応させて頂きますのでご安心ください。

全国の営業所案内
大阪  神戸  奈良  名古屋 
京都 和歌山  広島  山口  岡山

お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社