施設入居時の家財処分

MENU

フリーダイヤル

クイック見積もり

施設入居に伴う福祉整理について

遺品整理専門業者として起業したメモリーズですが、近年ご依頼いただく整理依頼内容に変化が生じています。特に高齢者の方が、現在住んでいる家を片付けるというご依頼が急激に増えています。

その中でも「施設入居に伴う引越と、家財道具の処分」のご依頼はご本人のみならず、ご家族、介護事業所スタッフ、行政職員、弁護士・司法書士などの後見人などから たくさんのご相談をいただいております。

このような方がご依頼されています。

高齢になり、現在済んでいる住居での一人暮らしが危険と判断された場合。

うつ病や認知症などで自立した生活が困難な場合。

ゴミを溜め込み、健全な生活が困難な場合。

怪我や疾病などで入院になり、主治医から自宅に戻るのは不可能と診断された場合。

健常者ではあるが、自ら進んで自由な余生を求めて施設入居を希望される場合。

高齢者の方が福祉施設や介護病院に移られる場合、長年住まわれてきた自宅にある家財道具を整理したり、あるいは処分されたりすると思います。

しかし、高齢者の方、特に独居生活をされている方にとっては、これらの作業は容易ではありません。これまでにも、「親族が遠方に住んでいるので手伝いにきてもらえない」、「自分では整理や搬出作業ができない」など、数多くのご相談がありました。

メモリーズでは、このような問題で悩まれている方をサポートするために、施設入居に伴って家財品の整理や処分を行う福祉整理という分野に尽力しております。


必要な家財道具は新居に、不要な家具はすべて処分!


施設や病院には最低限必要なものしか置けないのが現状のようです。よってご使用されてきた家財道具などは処分しなければならなりません。

メモリーズでは、必要なものと、不要なものを専門スタッフが仕分けて整理していきます。もちろん、ご依頼主の方にお立合い頂き、1つ1つ確認をしながら仕分けていきます。(ご要望により立会い不要の全撤去も可能です)

また、引っ越し業者さんに別途依頼することもなく、必要な家財道具は入居先の施設や病院までお運びすることもできますのでご安心ください。

この作業はすべてを処分してしまう遺品整理と違い、ご本人が必要最小限の生活用品を引越しのために残しておく必要があるので、トラブルが発生しやすいと言えます。

高齢になってから環境を変えるのは精神的に大きな負担です。 そのような状態で周りに言われるがまま施設に引越をするので、後々落ち着いてから「これがない、あれがない・・」という事になりがちです。
メモリーズは遺品整理の整理術で培ったノウハウで、細かな仕分けを行い引越品から漏れている生活用品や貴重品などを確認しながら作業を行います。 (立ち合いがなければ、最後に必ず取捨選択をしていただきます)



作業後のお部屋もきれいに清掃いたします。


不要な家財品や残置物をすべて処分した後は、お部屋をきれいに清掃いたします。(クーラーや照明器具の取外しなども承ります) その後の使用目的(物件の売却、賃貸、取壊し等)に応じて、簡易清掃から完全清掃(消臭・消毒)まで幅広く対応いたします。
完全清掃の場合は、浴槽やトイレ、台所などの水廻りも、すぐに第三者の方がご利用できる状態まで原状復帰致しますのでご安心ください。


生活保護受給者の方の場合。

生活保護を受けている方が施設に入居される場合、生活保護費から引越費用が支給される場合がございます。 お住まいの市町村にある社会福祉課か担当ケースワーカーに是非ご相談ください。

この場合は相見積3社分を担当ケースワーカーに提出し、一番金額の安い業者に依頼されます。
残念ながらご家族に業者を選択する権利がなく、サービスの質やスタッフの印象などが業者選択の対象にならないのです。

弊社は資源の再利用や生活用品の寄付などのネットワークで原価を抑えるモデルを構築しているので、専門業者は高いと思われがちですが、9割近い受注実績を残しております。


ご存知でしたか?費用を抑えるための4つのアドバイス!

複数の他業種へのご依頼はマイナスです。


実際整理を依頼する際に、別々の業者に依頼すると以下の業者を手配することになります。

例えば、使わなくなった不用品はリサイクル業者に引き取りを依頼して、残置物やゴミの処理を廃棄処分業者に依頼。そして部屋の清掃をハウスクリーニング業者へ、施設入居時は引越し業者に依頼と、複数の業者に依頼する…これだけの業者の見積対応や、当日の時間調整などのやりとりや作業の立会いなどでかなりの時間を拘束されてしまいます。

また、個々の見積り金額は安価に感じても、人が動く分だけ人件費が掛かってしまいますので、結局合計金額は高くなります。メモリーズは、これらすべての作業をオールインワンで請けたまわりますので安心してお任せ頂けます。(※廃棄物の収集・処分は認可業者が行います)

施設入居に伴う福祉整理の料金について


福祉整理の料金に関しては、年金で生活をされているご依頼者の方も多く、 作業代金が高くてはご依頼頂けないことは承知しております。メモリーズの福祉整理は通常よりも価格を抑えて、ぎりぎりの低価格でお手伝いすることで、より多くの方にご利用いただきたいと考えています。

ご要望やご予算、実際のお部屋などを見させて頂き、買取りできるものはメモリーズで引き取らさせて頂き、ご相談の上お見積りにて料金を決めさせて頂いております。その上で、他社さまとの相見積りをして頂いて、よく比較検討して頂いてからお決め頂いて結構です。先ずはお気軽にご相談ください。

着物の買取りについて



昔高額だった着物はある程度高額で売れると信じて疑わない方はたくさんいらっしゃいます。
しかし専門業者に電話をしても見積にも来てくれないという方をよく見かけます。

確かに着物自体を着る人は減っているので、着物としての再利用は大島紬や牛首紬など、ある程度有名なものになってしまいます。

また日本人もスタイルがここ数十年で大きく変化し、着物の再利用は身長160センチ以上ないと再利用が難しいと言われています。

メモリーズは買い取れる着物はきちんと金額を提示し、着物として再利用が厳しい物でも、巾着やアロハシャツなどに利用するネットワークがあるので 買い取りが可能です。見積の時にお気軽にご質問ください。

家具の買取りについて



各家庭に必ずと言っていいほど存在する洋服ダンス、和ダンス、整理ダンス、食器棚なども昔は結構高額購入されているので、売却が可能だと思っておられる方は 多いと思います。

しかし日本の住宅事情は収納付きの住宅が多くなっており、再利用の需要が少ないと言えます。

需要が少ないのでリサイクルショップに在庫として大きい家具を置いておくことは、店舗にとってリスクとなるので小物中心店が現在の主流になっています。

メモリーズでは日本で再利用が厳しい家具は貿易会社と提携し、海外へ輸出しています。 捨てられるのではなく、また誰かに使ってもらえるという事だけで心が救われると、たくさんの方に喜んでいただいております。もちろん有名ブランド家具、府中家具や民芸調の家具など今でも売買できるものもありますので、お気軽にスタッフにお尋ねください。


※『福祉整理®』はメモリーズ株式会社の登録商標です。同一、又は類似の表現を用いた他社サービス等には十分にご注意下さい。
※商標法により無断使用・利用は禁止されており、固くお断り致します。


PAGE TOP

お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社


【大阪本社】大阪府堺市堺区緑町2-121-2 
【名古屋営業所】名古屋市西区天塚町4-63 
【神戸営業所】神戸市中央区二宮町2-12-4 
【奈良営業所】奈良県吉野郡吉野町菜摘152-2