日常生活動作の低下から発生する
片付けの需要


荷物が増えてきている部屋

生活動作の低下による弊害

加齢による体力の衰えや精神的な疾患などで日常生活における行動が制限されている場合、自身で日頃の片付けをする事が困難になる場合があります。 生活環境の悪化は日々の積み重ねによる所が大きく、「使用した物を元の位置に戻せない」「動くのが億劫で身近な所に生活用品を固めてしまう」「ゴミ出しが出来なくなった」など、これまで日々行ってきた生活動作が出来なくなる事で様々な弊害が発生します。

日頃の片付けが出来ず、十分な生活動線を確保出来ていない環境では、荷物に足を取られ転倒してしまうリスクが高く、外傷を負うだけでなく、高齢の方が転倒により頭部を強打したことにより認知症が発症・進行してしまうケースも少なくありません。

片付けが出来ずにゴミ屋敷状態になった部屋

発生するリスク対策方法とは?

日々生活するという事は、生活ゴミなどを含めて「荷物」が増えていくという事でもあります。ご親族で対応が難しい場合は、地域の自治会や民生委員、役所の福祉課など窓口はたくさんありますので、まずはご相談だけでもされる事をお勧め致します。

しかし、長年に渡り片付けが出来ず、ご本人の荷物への執着が強い場合、なかなか第三者が介入出来ず、いわゆるゴミ屋敷となってしまう場合があります。ゴミ屋敷になってしまうと、一般の方が片付けることは肉体的にも精神的にも負担が大きく、不可能と言えます。そのような時には弊社のような片付け専門業社への依頼が必要となるでしょう。画像のような状態になってしまったら、もう普通の生活を送ることは不可能です。早急に片付けを行い、一旦リセットすることが大切です。そうすることで日常生活を取り戻すきっかけになることが多いです。

まとめ


家財を整理するにあたってご本人への説得は難しいです。しかし、全て捨てられると思っていた物が、使える物は再利用されると分かればお気持ちが変わる方も多いです。 専門業社だから出来るリユースやリサイクルの取り組みで、メモリーズでは様々なご提案をさせて頂いております。ご本人、ご家族だけで悩まず、片付けに困ったら、お気軽にメモリーズへご相談下さい。

対応地域

全国に広がる対応地域

関西エリア:大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県
南関東エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県
中部エリア:愛知県、山梨県、静岡県、長野県、岐阜県、三重県
中国エリア:広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県
四国エリア:香川県、徳島県、愛媛県、高知県
以上の25都府県(北部、山間部、離島など一部地域を除く)で、24時間・年中無休で対応させて頂いております。

事業所のご案内

ご相談・お見積りは無料!年中無休 0120-232-580

気軽にお問合せが出来る
LINE相談窓口

立会不要!60分でかんたん見積り
お問合せ/クイック見積りフォーム

ページトップへ戻る