許可が必要な運搬業務とは

MENU

フリーダイヤル

クイック見積もり

遺品整理の際に必要な運搬許可とは

遺品の分配や施設入居に伴う引越もお任せください。

神戸営業所の外観最近は福祉整理のご依頼の増加に伴い、高齢者の方が施設へ入居される際の家財道具の運搬や移動などをご依頼されることが多くなりました。また、遺品整理などで電化製品や家具、仏壇などを形見分けし、ご遺族の方やご親族宅へ配送する、いわゆる遺品の分配などのご相談も増えてきています。

こうした家財の遺品分配や転居による家財道具の配送や運搬、又はそれらに伴い廃棄する残置物を運搬するには、一般貨物自動車運送業の許可を受けた緑ナンバーのトラックでなければいけません。つまり、一般の白ナンバーのトラックや自家用車でこれらの作業や運搬行為をすることは違法になります。

一般貨物自動車運送業の許可には、運行管理有資格者、整備管理有資格者が常勤していることや、さらにはトラックの保有台数、財務状況に至るまで大変厳しい国の許可基準があります。

メモリーズはこの厳しい審査基準をクリアし、国土交通省の「一般貨物自動車運送業」の許可を受けておりますので、所有するトラックはすべて緑ナンバーです。よって、転居や遺品の分配に伴う家財道具の配送のご依頼も、ご依頼者様自らが梱包されたり運送業者などに別途ご依頼されることもなく、すべて承らせて頂けますので安心してお任せください。

廃棄物も法令に従って適切に処理します

遺品整理や福祉整理だけではなく、空き家整理、特殊清掃、ゴミ屋敷清掃などのすべての整理清掃業務を行うと、当然ながら必ず不要品がでます。それらはリサイクルやリユースできるものなどに分別していき、最後に残ったものは廃棄物として適切に処分する必要があります。

この廃棄物の取り扱いについては、厳密なルールがございます。 通常、原則として家屋の整理ででる廃棄物のほとんどが家庭ゴミ(一般廃棄物、又は引越廃棄物)ですが、例えば庭木を伐採した時の枝木やブロック、農機具なども大きさや量によって一般廃棄物として収集できないケースがあり、産廃ゴミ(産業廃棄物)として処理をせざるを得ない場合があります。 また、特殊清掃などでよくある汚染されたフローリング材や壁紙クロスなども産廃ゴミになりますので、家庭ゴミとして扱うことを禁じられています。

基本的に家庭ゴミであれば、市町村から認可や委託を受けた「一般廃棄物収集運搬業者」しか収集、運搬することはできません。産廃ゴミであれば「産業廃棄物収集運搬業」の許可が必要になります。しかし、実際は不適切な処理をしている業者も多くいます。

メモリーズでは産廃ゴミであれば、規則で定められた産業廃棄物収集伝票(マニフェスト)の発行・保管を行い、法令に沿った適正な処理を行っております。


商談の様子また、家庭ゴミの場合であれば、現地の一般廃棄物収集運搬の認可業者に委託して現地処分するか、ご依頼者様の委任により大阪市内にあるメモリーズが管理する引越廃棄物所定の場所まで運搬して引き渡しをしております。尚、この引越廃棄物の運搬は、一般貨物自動車運送業許可(緑ナンバー)がないとできません。

これらの処置を適切に行うことで、引越に伴い大量にでる廃棄物の処分など、多様化する整理業務全般に臨機応変に対応でき、安定した料金とサービスの提供を実現しています。 また、作業時にはご依頼者様に担当スタッフから作業内容の他にも、こういった廃棄物の処分や委任についてのご説明もさせて頂いております。
メモリーズは、コンプライアンス(法令に順守した企業倫理)を遵守した安心の遺品整理専門会社です。

取得許可の一覧

一般貨物自動車運送業 近運自貨第163号
第一種貨物利用運送事業 近畿自貨160号
産業廃棄物収集運搬業 大阪 許可番号 02700158893
兵庫 許可番号 02803158893
京都 許可番号 02600158839
奈良 許可番号 02900158893
古物商許可証 大阪府公安委員会 第622070146113号

 
お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社


【大阪本社】大阪府堺市堺区緑町2-121-2 
【名古屋営業所】名古屋市西区天塚町4-63 
【神戸営業所】神戸市中央区二宮町2-12-4 
【奈良営業所】奈良県吉野郡吉野町菜摘152-2