特殊清掃

年間500案件を超える特殊清掃実績!
メモリーズが選ばれ続ける理由。


メモリーズは毎年個人の方はもちろん、不動産会社や管理会社、行政機関などの法人も含め、500案件を超える特殊清掃のご依頼を頂いております。
数多くいる特殊清掃業者の中から、メモリーズが選ばれ続けている理由とは…。

特殊清掃に必要な高度な技術

メモリーズには特殊清掃に必要な、
高度な技術があります。

特殊清掃とは、孤独死、事故死、自殺や殺人事件の現場となってしまった部屋など、通常の遺品整理とは異なり、文字通り「特殊な清掃方法を要する作業」のことを言います。 血痕や体液は通常の清掃では落ちず、専門技術を要します。
特殊清掃専門業者を自称する業者はたくさんいますが、実際には特殊清掃の専門知識と高い技術を持った業者は少なく、これまでにも『他社に依頼したが、血痕や臭いが微かに残っていて困っている』と、メモリーズに多くのご依頼を頂いていてきました。特殊清掃には高度な技術と豊富な実践経験がなければ出来ません。特殊清掃のことでお困りなら、先ずはお気軽にご相談下さい。

悲惨な現場でも原状復帰

どんな悲惨な現場でも
メモリーズは原状復帰をお約束。

目を覆いたくなるような凄惨な現場であっても、当然ながら『原状復帰』しなければなりません。しかも特殊清掃の場合は、特に迅速で適切な対応が求められます。死後数日、あるいは数カ月も経ち、汚物、体液、害虫、血痕の染み付いた凄惨な現場など、どんな状況でも経験豊富なスタッフがしっかりと現状復帰いたします。
賃貸物件の場合は、メモリーズが大家さんや管理会社の担当者に、作業の手順や範囲、消毒や消臭に関してしっかり説明させて頂き、トラブルが起きないようにアドバイスをさせて頂きますので安心してお任せ下さい。 また、お客様のプライバシーは厳守し、近隣の方にもご迷惑がかからないよう万全の配慮をし、しっかりとした清掃作業をお約束します。

トラブルの原因は臭い

トラブルの原因は臭い。

孤独死現場での第一発見者は、親族、友人に次ぎ、3位が近隣住民の方です。それは「最近、顔を見掛けない」という理由ではなく、死臭や異臭が近隣に漏れ出して、はじめて異変に気付くケースです。そうなるとご遺族の方は事後処理の早期対応が求められ、迅速に適切な処置を行わないと、近隣住民の方々や家主の方と必ずトラブルになります。 メモリーズは特に『消臭』には力をいれており、最新オゾン消臭器と専門機関と共同開発した液剤の導入により、ご依頼者の方がすぐにお部屋に入って頂けるほど、どんな臭いでも発生原因を100%完全に取り除くことが可能です。 また、特殊清掃の作業を行う前に家主・管理会社の方にも、施工方法や消臭方法などをしっかりとご説明し、後々にトラブルにならないようにご納得していただける作業を常に心掛けておりますのでご安心ください。 また、お客様のプライバシーを厳守し、近隣の方にもご迷惑が掛らないよう万全の配慮をし、しっかりとした特殊清掃作業をお約束します。

消臭技術の紹介

独自の消臭技術で、
悪臭を完全に除去します。

孤独死や自殺現場などでは死臭や異臭が蔓延し、近隣の方と大きなトラブルに発展するケースが多くあります。メモリーズでは最新オゾン消臭機や独自で調合した消臭剤、オリジナル消臭シートなど最新技術の導入により、どんな臭いでも発生原因を完全に取り除くことが可能です。特殊清掃後はほとんどの場合、すぐにお部屋に入って頂けるほど臭いの根源が完全に除去されます。

特殊清掃の実例紹介


実際にメモリーズで特殊清掃をさせて頂いた実例をご紹介します。特殊清掃をする前の部屋の状態と比較して頂けるように、ビフォーアフターで画像を掲載しています。また、部屋の間取りに対して、作業に掛った人数、時間、料金、オプション作業なども掲載しておりますので、是非ご参考にして下さい。

#01 マンション1DK 孤独死死後3週間

孤独死死後3週間の特殊清掃

間取り1DK

作業時間7時間/消臭48時間

作業人数4名

特殊清掃・消臭作業代60,000円

遺品整理作業代60,000円

作業総額(税込)132.000円

マンション1DKの台所部分で孤独死され、死後3週間で発見された部屋の遺品整理と特殊清掃を行いました。大柄な人なのか、体液がキッチンの床面すべてに行き渡っており、所々体液が水たまりのようになっていて、腐敗臭が強烈なレベルでした。
作業はまず家財道具を搬出して、畳やクッションフロアも剥がします。特殊な薬品で体液を洗浄し、臭いの元である脂を完全に除去します。この建物は古く、オゾンを曝露すると近隣の部屋に漏れる可能性が高かったので強力な消臭剤を噴霧する選択をしました。
2日後確認に行ったところ、孤独死特有の臭いは消臭できていましたが、ハエが大量発生していました。特殊清掃時に害虫駆除も行いますが、蛆虫は細い所に隠れるために生き延びてハエになることが多々あります。臭いの確認時に害虫駆除を再度行うことにより、新たに蛆虫が発生することはないので完了となります。
ハエの死骸を掃き掃除していると家主が来られてすごく感動してくれました。実はこのマンション高齢者が多く、孤独死による案件は今回で3件目だそうです。作業費用も消臭時間も、原状回復の状態も一番良かったと言って頂きました。

#02 ワンルーム孤独死 トイレにて死後5日

トイレにて死後5日の特殊清掃

間取りワンルーム

作業時間2時間/消臭4時間

作業人数2名

特殊清掃・消臭作業代66.000

遺品整理作業代

作業総額(税込)72.600円

ワンルームのユニットバスのトイレで孤独死、死後5日で発見されました。ご依頼主は管理会社さまです。
ご遺族様は遺品整理を自分たちでやりたいと言うご希望があったため、私たちで孤独死のあった現場をきれいに清掃して、消臭も行ったうえで、快適に作業ができるように特殊清掃を行いました。作業はまず血液、体液のほかに皮膚がこびりついていたため、洗浄して除去し、表面を磨きます。
配管なども洗浄してからオゾンショックトリートメント法による消臭を行いました。 薬品による洗浄の効果があり、オゾンの曝露時間は4時間で完全に消臭できました。

#03 マンション 孤独死死後10日

孤独死死後10日の特殊清掃

間取りワンルーム

作業時間5時間/消臭72時間

作業人数3名

特殊清掃・消臭作業代95,000円

遺品整理作業代40,000円

作業総額(税込)148.500円

真夏のワンルームマンションにて、死後3週間の孤独死現場の消臭と特殊清掃作業を行いました。遺体の腐敗の進行が速かったと思われ、皮膚、髪の毛、身の一部が床に張り付いていました。臭いもこのシーズンナンバーワンと思われるほど強烈でした。
う○虫やハエが大量発生していたので、まず害虫駆除を行い汚れの酷い所を徹底的に洗浄します。クッションフロア(CF)の下の基礎の奥まで体液が染み込んでいて、かなり強力な洗剤を何回も流し込んで洗浄しました。また石膏ボードにも体液が染み込んでいたので、薬剤を駆使して洗浄を行いました。
家財道具を全撤去した後、消臭液を噴霧してオゾンショックトリートメント方で脱臭を行います。1日毎に確認に行き残臭を分析し、それに合う消臭液を噴霧しオゾンショックトリートメント方を繰り返し3日目に腐敗臭は感じなくなりました。

最適な料金プランをご提案。

特殊清掃の作業料金については、亡くなり方や場所など、現場の状況によって異なります。 見積時にサービスの詳細、料金についてご説明をし、現場に応じて詳細な料金をお見積りさせて頂きます。また、メモリーズでは見積金額が均一化するように電子見積システムを導入し、担当者による金額の差異がでないように工夫しておりますのでご安心下さい。もちろん、お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。目安として過去の施工例に基づいた金額と、料金表をご紹介しますのでご参考にして下さい。

料金(税込)
特殊清掃33.000円~
畳の撤去
(通常)
1枚毎/1.100円~
畳の撤去
(汚染)
1枚毎/2.750円~
オゾン消臭1㎥/1.100円~

ご相談・お見積りは無料!年中無休 0120-232-580

気軽にお問合せが出来る
LINE相談窓口

立会不要!60分でかんたん見積り
お問合せ/クイック見積りフォーム

ご依頼される前に知っておきたい、
特殊清掃業者選びの注意点!


もし「安い」や「近い」などの理由で、メモリーズ以外の他社様にご依頼頂いてももちろん構いません。
但し、特殊清掃業者の選び方のポイントや注意点を知った上で、相見積などをして頂き、慎重にお選び頂くことをお勧めします。

特殊清掃業者の注意点

自称「特殊清掃業者」に注意

特殊清掃をする業者はたくさんあり、その形態も様々です。弊社のような専門業者もいれば、ハウスクリーニングや便利屋、引っ越し業者、リサイクルショップなど、業務内容の1つとして特殊清掃を行っている業者もいますし、最近では個人でやられる方も増えてきています。会社の形態がこうだから良いとか悪いとは一概には言えませんが、業者の技術不足が原因で、ご依頼主様との間でトラブルが多発しているのも事実です。
特殊清掃には、国家資格などの免許や認可はありません。つまり、経験や技術がなくても「特殊清掃業者」と自称できます。事業免許ではございませんが、完全消臭をするために床、石膏ボード、クロス、クッションフロアなど建築物の施工工事を行う際に必要な建築業の内装仕上工事業の許可を有していると安心です。

特殊清掃に不可欠な消臭には、「経験と技術」が必要です

メモリーズが消臭に強いのは、圧倒的な経験数です。亡くなった場所から空気の流れを読み臭いが滞留しそうな場所を特定して2次的発生箇所を割り出すことができます。また、臭気分析を行ったり、オゾン濃度をクラウドシステムで24時間管理することで効率の良い消臭が出来るノウハウを持っていることも強みです。
死後何日も経った部屋を原状回復するためには、技術が必要となりますし、経験なしにできるものではありません。特殊清掃がきちんと施工されないと臭いが残り、管理会社の方や大家さんが原状回復と認めず、場合によっては訴訟問題になる例もあります。逆に、きちんと施工がされていれば、お部屋がどんな状態になってしまったとしても、管理会社の方や大家さんも了承していただける状態になりますので、ご依頼主様の精神的な負担がかなり軽減できると考えております。特殊清掃は専門の清掃技術と経験が必要であるとともに、ご遺族様の気持ちに配慮した言動が求められるサービス業であると考えます。

特殊清掃業者の正しい選び方

特殊清掃の依頼は、突然の訃報に愕然とされたご遺族様がほとんどです。自分達でお部屋の形見分けをしたくても、臭いを含め、凄惨な状況があるために、思うように出来ないのが現状です。また、お部屋の片付を、見ず知らずの他人に任すというのは勇気のいることです。 誠意を持って大切に業務に取り組むことが、やむを得ず依頼することを決断されたご遺族様にとって一番大切なことであり、故人様の供養にもなると考えております。どういう人が特殊清掃をしてくれるのかが明確な業者、遺品がその後どうなるのかを明確にしている業者を選ぶことが大切だと思います。特殊清掃を依頼する時は、以下の点に注意して下さい。

作業範囲は?

作業範囲

ご依頼主様は、「ここまできれいにしてもらえるだろう。」とか、「プロと言っていたから安心していた。」などの理由で、特殊清掃の範囲が曖昧になって、追加料金を取られたり、 中途半端な作業によって、管理会社の方や大家さんに修繕費などたくさん請求されたという話を聞いています。作業範囲、作業の流れなどは必ず確認し、最終的にどうなっているのか納得するまで説明してもらって下さい。

作業代金は納得?

作業代金

特殊清掃はご遺族様に代わって、私たちがさせて頂きます。その作業は、確かに困難で、大変な作業です。作業代は安くはありません。しかし、ご遺族様の精神状態、緊急を要する事を逆手に取り、法外な金額を請求する業者もいます。作業内容と作業金額が納得できるまで説明を受けて、「任せて安心できる!」と思うまで承諾してはいけません。

死臭除去の技術は?

死臭除去

死臭は独特で消臭するには経験と技術が必要です。薬品を撒いたり、スプレーなどで行う消臭はあくまで間接的であり、死臭の除去には至りません。現在(平成21年3月)死臭に有効なのはオゾン処理とされていますが、消臭にはノウハウが必要です。また、かなり高額な処理費を請求する業者もいますので、何か疑問に感じたり、おかしいと思えば、承諾せずに一度メモリーズにご相談下さい。

アフターフォローは?

アフターフォロー

特殊清掃完了後、「臭いが消えない。」「虫が発生した。」などの問題が発生した場合にきちんと対応してくれるか、非常に大事なポイントです。メモリーズでは最後までしっかりフォローし、責任をもって消臭作業を行います。害虫駆除は亡くなり方と建物の構造上、再度発生の可能性がある場合は1回に限り無償で害虫駆除致します。弊社の例は参考ですが、問題があってもきちんと対応してくれる業者に任せましょう。

特殊清掃ご利用の流れFlow

特殊清掃と一言でいっても、具体的にどのような作業のことを指すのか、一般の方にも解りやすく特殊清掃の作業内容と流れをご案内させて頂きます。

STEP.1

問合せ・見積り

問合せ・見積り

お問合せを頂ければ、ご相談・お見積りに伺います。実際に作業を行う部屋を確認し、お客様のご希望・ご予算をお伺いし、約30分程度で見積金額提示させて頂きます。

STEP.2

打ち合せ・準備

打ち合せ・準備

プラン内容にご納得して頂けましたら、手順、作業内容などをご説明し、作業日時、作業方法などを打ち合わせ致します。合同供養を検討されている方は申し出て下さい。

STEP.3

除染作業開始

除染作業開始

作業当日、まずは二次感染を防ぐために室内の除染・除菌・ウィルス除去を行い、害虫が発生している場合は駆除作業も同時にを行っていきます。

STEP.4

特殊清掃と残置物の搬出

特殊清掃と残置物の搬出

家財道具などの残置物を分別し、汚染された家具や家財道具は梱包して搬出していきます。室内に残った体液や血液、汚物などの除去作業を行い、消臭消毒作業を行います。

STEP.5

清掃・作業完了

清掃・作業完了

最後にお部屋の簡易清掃を行い、ご依頼主の方にお部屋の最終確認して頂き、確認後、料金を現金にて精算して頂きます。別途ハウスクリーニングをご希望される場合はご相談下さい。

賃貸物件で孤独死した場合の特殊清掃


孤独死、事故死、自殺や殺人事件の現場となった部屋の清掃をすることを特殊清掃と言いますが、これまでメモリーズが請け負った特殊清掃の案件では、そのほとんどが現在社会問題にもなっている孤独死の現場です。そして、そのほとんどが賃貸物件でした。 賃貸物件で孤独死が発生してしまった場合、ご遺族の方は貸主から原状回復を求められます。 数多くの孤独死があった特殊清掃現場に立ち会ってきた経験と、法的な解釈を交えて原状回復義務と責任について解説します。

原状回復

どこまでが原状回復?
損害賠償はいくらぐらい?

通常、孤独死は発見までに死後数日、場合によっては数か月経過していますので、当然ながら血液、体液、害虫の発生、さらに悪臭、死臭の臭いの問題などで、ご遺族の方は、貸主である家主の方や管理会社の方から原状回復義務の責任を迫られることになります。このような特殊清掃のご依頼を頂く際に、ご依頼者の方からよく「どこまで原状回復すればいいのでしょうか?」「このような場合、すごい請求されますか?」などの質問をされることがあります。

損害賠償請求

損害賠償請求される前の、
事前対応が大切です。

突然の出来事で家族を失ったご遺族の方にとって、悲しむことができないくらいの大きな心配事となってしまうようです。 法的な解釈として「人間は死ぬのに場所を選べない」ので孤独死は避けられない出来事となり、自死(自殺)に比べて、判例を見ても原状回復義務に関して、緩和されているように感じます。私どもが数多い現場を経験してきた中で、家主の方が法人であれば法に則り進めるため、メモリーズが残置物の撤去、クリーニング、消臭をしっかり行えばトラブルになる事はまずありません。 しかし家主の方が個人の場合は、感情も入ります。自分の財産が経済的損失を被ることはさけられないため「損害賠償」のカードを切ってくる可能性があります。請求される方が相続人の場合は、借家権は相続人が引き継ぎますので解約手続を行わなければなりません。そうなれば原状回復や損害補填をしなければなりません。

原状回復義務の、
免責基準ラインと対処法。

基本的に孤独死の場合は、残置物がなくなり、消臭がしっかり行われていて、汚れや染みなどがなければ原状回復と認められています。ただし、ただ残地物を片付けたり、わずかでも臭いが残っていたり、中途半端な清掃を行うだけだと後々原状回復と認められず、損害賠償を請求されるなどのトラブルになる可能性が高くなります。孤独死による多少の汚れ、染みがあっても、何もなく通常退去してもリフォームする必要があるぐらいの居住年数があれば、損害補填をしなくてもいいケースもあります。 メモリーズは家主、管理会社の方にも、施工方法や消臭方法などをしっかり説明し、後々トラブルにならないようにご協力させていただき、必要に応じて弁護士、司法書士などもご紹介し、法的なアドバイスもさせて頂きますので、問題となりやすい「特殊清掃」と「消臭」の部分において、高い評価を頂いております。 ご遺族の方の心の負担をできるだけ少なくできるように、グリーフケアアドバイザーが対応し、家主の方にもご納得していただく作業を行うことを常に心がけておりますので、安心してご相談ください。

よくあるご質問FAQ

本当にどんな現場でも清掃していただけますか?
自殺、殺人などの事件現場から、ゴミ屋敷で孤独死など特殊なケースまで、どのような現場でも対応できる経験と実績があります。また、亡くなられた場所(フローリング、畳、クッションフロア、浴槽など)など状況に応じた適切な清掃方法で臭いの元を確実に除去・清掃しますのでお任せください。
臭いが取れるまでどれくらいの日数が掛かりますか?
臭いの種類や亡くなられた場所によって消臭方法が異なりますが、強烈な臭いが充満している現場でも、数時間の特殊清掃作業後には90%以上は消臭ができ、翌日には腐敗臭は感じなくなります。この短期間で消臭するメモリーズ独自の施工方法は、他業者を凌駕すると高い評価を頂いております。
清掃後に見積りの金額より多く請求されることはありますか?
そのようなことはございませんのでご安心ください。追加料金を請求させて頂く場合があるとすれば、ご依頼主様から見積り時に含まれていない追加作業の依頼を受けた時のみです。仮に臭いが消えない場合でも追加で請求することはありません。完全な消臭まで責任を持って全うしますのでご安心ください。
特殊清掃後に管理会社やオーナーよりクレームがあった場合どうしたらいいですか?
特殊清掃の場合、まず管理会社の方に連絡を入れて作業方法、手順、近隣への配慮などきっちり説明を行い、どこまですれば原状回復かということを打ち合わせをして、承認をもらうまでしっかりサポートいたします。特に管理会社の方がもっとも懸念する消臭に関しては絶対的な自信があり、退去後にお客様にご迷惑をかけるようなことはいたしませんのでご安心ください。
対応地域

全国に広がる対応地域

関西エリア:大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県
南関東エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県
中部エリア:愛知県、山梨県、静岡県、長野県、岐阜県、三重県
中国エリア:広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県
四国エリア:香川県、徳島県、愛媛県、高知県
以上の25都府県(北部、山間部、離島など一部地域を除く)で、24時間・年中無休で対応させて頂いております。

事業所のご案内

ページトップへ戻る