コロナウィルスの除染と消毒

MENU

フリーダイヤル

クイック見積もり

新型コロナウィルスの除染と消毒業者について

現在、新型コロナウイルスの除染や消毒について、たくさんのお問い合わせを頂いております。メモリーズは「整理と清掃の専門業者」ですので、現時点で新型コロナウイルスの除染消毒作業のみは行っておりません。


ですが先日、国内で発生した孤独死現場にて、新型コロナウイルスの感染が死亡後に確認されました。よって、今後も増えると予想される『新型コロナウィルスの除染・消毒作業を必要とする特殊清掃・遺品整理』については、対応させて頂きます。

尚、新型コロナウイルスの除染・消毒作業だけをご希望の方で、お困りの場合は、除染消毒業者をご紹介致しますのでお問い合せ下さい。


新型コロナウイルスを不活化する条件について

新型コロナウイルスを不活化するには、オゾンが効果があると言われていますが、除染には正しい除染方法、専門知識が必要です。 対象の部屋や施設に消毒液を噴霧して拭き取り、オゾンを暴露するという施工が一般的ですが、新型コロナウイルスを不活化するには条件(CT値)があります。

新型コロナウイルスの検体はなく、こうやれば不活化できるというデータはありませんが、新型コロナウイルスに特性が似ていると言われている、インフルエンザウイルスを使用した実験のデータをベースに試算すると、オゾン発生装置のスペックによって、不活化するまで時間に差が出ていることが解ります。


つまり、オゾンを使用して新型コロナウイルスを不活化させるには、オゾン濃度や湿度、温度を管理する必要があります。(メモリーズではクラウドシステムを導入し、濃度、湿度、温度を24時間管理しております。)

ですので、消毒液を噴霧してオゾンの機械を設置するだけの施工では条件を満たしていない可能性があります。現在の混乱した状況に便乗し、上記のような施工をする消毒業者が増えておりますのでご注意ください。


※メモリーズの除染消毒の作業員やご紹介する除染業者は、厚生労働省の指導に基づいた除染方法を行っております。



新型コロナウィルスに伴う自粛要請中の遺品整理・特殊清掃の依頼について

作業の様子新型コロナウィルスに伴う自粛要請の中、遺品整理・特殊清掃を早急にしなければならい状況のお客様も多いと思います。

メモリーズの作業員が通常の特殊清掃や遺品整理を行う際には、新型コロナウィルスの二次感染や感染拡大を防ぐため、作業員全員に手の除菌に加え、マスクの着用と二酸化塩素除菌剤の携帯を義務づけております。さらに、作業に使用した機材の除菌・除染も徹底し、ご依頼されるお客様がご安心頂けるように努めております。


マンションオーナー様、管理会社の方、ご遺族の方が新型コロナウイルスのリスクが多少でもある孤独死現場などの室内に入る際には、手袋、マスク、ゴーグルや防護服などを着用するようにして下さい。

また、メモリーズでは特殊清掃の作業に入る前に除染作業を行っていますが、事前に死因などの情報をできるだけ伝えて頂くようお願いしております。 情報を共有することでクラスター感染を防ぐことができますし、大切な家族、仲間を守ることに繋がります。





非接触で完結する整理作業のご提案

メモリーズでは新型コロナウィルス感染拡大防止策を講じてはいますが、政府から非常事態宣言が出されていることもあり、整理作業を依頼するのもご不安だと思います。 そこで、メモリーズではご相談から作業完了まで、お客様の安心・安全面を考慮し、『接触』することなく整理作業が対応(完結)できるように致しました。 少しでもご不安な方は、是非ご利用ください。





以上が非接触での整理作業の流れになりますが、その他にもご不安な点や疑問などがございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

電話番号の案内
お問い合わせフォームの案内
クイック見積の案内
LINEの案内




遺品整理の対応エリアと営業所のご案内

メモリーズでは西日本を中心とした東海、北陸、関西、中国、四国、九州地域を対応エリアとしており、部屋数の多い戸建住宅やゴミ屋敷のような大規模な遺品整理の場合でも、ご依頼内容に応じてお近くの営業所が迅速に対応させて頂きますのでご安心ください。

全国の営業所案内
大阪  神戸  京都  和歌山 
奈良  名古屋  広島  山口  岡山

お問い合わせ案内

メモリーズ株式会社